新しい習慣に切り替える

読んでいた本に「人の考えは脳の習慣によるものだ」というのが出てきた。

脳も筋肉だから、その考えで生きていれば自然とそこが発達し、自動的にその思考回路が反応する。つまり、考えているようで実は脳についた反射反応のようなもので、ただのその人の脳にとっての習慣なのだという。

道徳感や常識も、代々親や年配者から伝えらえ植え付けられた「こういうものだ」というものを柔らかい子供の頭は吸収し、それに習う。そして間違った行動をすると正され定着する。

こう、こう、こう。こうするの。こういうことはいけないこと。

そうやって脳に何度も共通の基準が刻まれる。

だけど、それも、人間の脳が習慣化しているだけなのだ。

なるほど。

だから、国や地域によっての当たり前が、他所に行くと全く理解されないものだったりするのか。

ということは。

私が痩せ過ぎていてみっともない、とか、お尻が大きくてスタイルが悪いとか、下っ腹が出ていてなに着ても似合わないとか、頭もよくないとか。体が丈夫じゃないから夫に申し訳ないとかそういうコンプレックスも、結局、思考の習慣化?そうなのか?

母がいつも私に向かってそう言い続けてきた。

反論すると、お前がおかしい、だって本当にそうなんだからと、叱られる。

だんだんそんな気もしてくる。

それを受け入れ反省した方が、物分かりのいい大人になったと扱ってもらえたから、そういうことだと私も、した。

 

母王国の住民だった私は、今でもその教えを大切に自分に言い聞かせている。けれど、もう私はそこに住んでいない。とっくに私王国の主人なのに。

一瞬、母を恨めしく思う。洗脳されたとすら考えた。

だが、半日経ってその子供じみた自分の発想が、それこそが違うんだと恥じる。

私の反応がおかしかったのだ。

ある頃から、自分の頭で本当にそうか、と自分で考え、力尽くでも打破すればよかったのに、その作業もせず楽な方に流れ、鵜呑みにしてきた。

おかしいとすら思わなかった。

正直今も、まだまだ、脳にこびりついた思考は抜けていない。

でもこれがただの思考の習慣に過ぎないのだとしたら、どこか私でも母でもない、よその人の王国では

「なに言ってんの、そんなの全然思わないよ」

という思考回路が当たり前として通用することもあり得る。

じゃあ夫が「トンさんはダメじゃないよ」と言っているのは慰めじゃないのかもしれない。

 

とにかく、今、自分を惨めにする習慣は、早急に捨てよう。

なんでこんなものにしがみついているんだろう。

捨てていいんだなぁ。

 

なんてことを昨日から、頭の中で反芻している。

これを新しい回路として定着するくらい、脳の筋トレを続けよう。 

そうしたらもっと気楽にもっと楽しくなるはずだ。

ちょっと希望。

 

課題終了

 

急な出張が入るとは思わなかったので、いつも通り金曜日に生協から牛乳が2パック届いた。

冷蔵庫にはまだ4分の1ほど残ったのが一つある。

私は飲まないし、息子も飲んだり飲まなかったりだし。一週間で二つ、消費するには何か料理にしないと。

もう一つの気がかりは白菜。

近所の友人が夕方八百屋で見切り品でもらったけど使いきれないと、4分の1カットのを置いていった。

「もう一ついらない?」

「いや、もうこれで。今旦那さん、いないんだよ、出張で」

白菜なんてそう急いで使わなくても大丈夫と思って引き受けたが、見るとやや変色し始めている。

急いで使わないと。

冷凍庫がいっぱいで、生協の食材が入らず、やむを得ず取り出した鶏肉320gもある。

あれも使わないと。

週末の一人朝ごはん。もっとのんびりしたいのに頭の中を白菜、牛乳、白菜、牛乳、鶏肉、鶏肉と、ぐるぐる回り落ち着かない。

まるで山のようにある宿題を抱えているかのようだ。

早く楽になりたいとクックパッドを開いた。

まずは牛乳、大量消費。

プリン、ゼリー、ミカン缶との寒天、お菓子ならたくさんある。しかし我が家の場合甘いものは息子だけ。彼一人で食べるには大量すぎる。

食事になるものはないか。

シチューもグラタンも、せいぜい200から多くて400ccしか使わない。

もっといっぺんに片付く何かはないのかと探していると、カッテージチーズが出てきた。

1000cc。これだ。カッテージチーズなら動物性脂肪がダメな私でも食べられる。

クラッカーにジャムと一緒に乗せて食べるとチーズケーキのようで美味しい。これだ。

レモン汁大さじ5を沸騰寸前の牛乳に入れ、しばらく放置する。それから布巾でこして軽く絞ったら完成。

チーズと同時にホエーができた。このホエーはホットケーキミックスに混ぜてスコーンにする人もいるようだが、カレーを煮込むときに使っても美味しくなるらしい。鶏肉が使える。カレーも作ろう。

牛乳二つが一つになり、鶏肉の使い道も決まった。

だいぶ気持ちが軽くなる。

残るは白菜。豚バラがあれば間に挟んで蒸し鍋にすればいいのに、ない。

なんとかして今、片付けて早いとこスッキリしたい。

白菜、牛乳、鶏肉・・・。

再度クックパッドの皆様に頼る。

グラタン。

もう牛乳大量消費の縛りはないから400cc、これでいい。

白菜を炒め、鶏肉、やっぱり冷凍庫から出してきたガビガビに霜のついてしまったムキエビを、流水解凍し一緒に炒める。

酒、小麦粉大さじ5を振り入れ馴染ませたら、少しずつ牛乳を足していく。

フライパンの中にとろみのついたホワイトソースに絡まった白菜、鶏肉、エビが出来上がった。

午前中いっぱいかけて、大量のグラタン、ホエーカレー、カッテージチーズを作った。

よし・・・これでいい。

今夜はカレー。当分息子の朝ごはんはカレーでいい。

グラタンの素は、ハンバーグに、焼き魚に、なんでもついでに一緒に出そう。パスタに絡めてもいい。

夫不在の間、献立も楽できる。

なんだろうこの達成感。

さあ、宿題は済んだ。

これで、ぐうたらモード、突入だ。

 

 

 

 

 

 

 

お留守番

夫が昨日の午後から仙台に出張している。

二週間だそうだ。

夫を見送ったその直後、なんだか特別なことをしたくなって家の中をうろうろする。

期間限定の今だからできること、しなくちゃ。

ベッドの向きを変えよう。

壁にくっつけているのをやめて、西向きを北向きにしたかったのだ。

仕事中は2階にあがらないようにしているので、日差しの当たる寝室は久しぶりだ。

布団を全部下ろし動かす。

無印良品のデスクも、折り畳んでベッドの頭と壁の間にしまっていたのをもう一度組み立て、本棚の前に置いた。

ここも私の場所にしよう。

一階にも二階にも。私の場所。週末夫が一階リビングでテレビを占領しているときはここに、平日仕事でこの部屋を使っているときは下に。

いつでも移動さえすれば、自分のスペースがあることになる。楽しくなりそうだ。

それから掃除機をかける。邪魔をしないようにというのを言い訳に、モップでいい加減にやっていたから、あちこちに埃があった。

窓を開ける。新鮮な空気と、日光が入ってスッキリする。

IKEAの椅子をテレビの前に置き、オットマンがわりの、かつては息子のオムツ入れだったキャスター付きの蓋付き籠を持ってくる。

テレビを見るのにちょうどいい角度になっているかと座っては、調整する。

あとなんか、あとなんかないかな。

ふと夫のデスクチェアにかかっているカーディガンに目が留まった。

私が母の従姉妹からもらったものだったが、男性用だったので数回着て、夫にあげた。

「トンさんのお下がりだぁ。トンさんのぬくもりがする〜」

喜んで着ていたが、いささか夫には小さかった。

格好良くないから脱げといっても暖かいんだといってよこさない。

「お願いだからそれでネット会議しないでよ」

「大丈夫だよ、そんときゃ脱ぐから、でもトンさんの温もりだから。これ僕の」

寝巻きの上にも、日中仕事中にも連日ずっと着ていたものだから毛玉だらけになっている。

これは返してもらおう。

カーディガンを椅子から外し、一階に持って降りた。

毛玉を丁寧に取り、洗う。

「それ、やっと洗ってんだ」

在宅ワークで家にいた息子が言う。

「そう。今のうちに。やっぱり彼には小さすぎた、私が着る」

「あれは酷かったもんなぁ」

寝室の模様替えをし、自分の居場所を二階にも設置し、夫からカーディガンを取り返した。

それだけ。

それだけなんだけど、なんだか「よし」という気分。

夫不在モードに切り替わるための儀式が済んだ。

残り14日。あとは特別なことは何もせず、淡々と過ごそう。